英会話マスター 英語はリズムだ!



*************************************
*************************************
*************************************

     英会話マスター        英会話マスター       英会話マスター   

*************************************
*************************************
*************************************
 
 
 
 
「英語はリズムである。」とかの有名なリンカーンが言いました・・・嘘!(^^;)

というか、語学はリズムなんですね。私もそれほどあちこちの外国を見て回ったり、言葉をいろいろ聴いて回ったわけではないので、「本当か?ごるぁっ!」って言われるとちょい自信もないのですが、少なくとも私の信念として、

「英語はリズムとイントネーション」

これが全てです。極端なことを言えば、リズムとイントネーションが正しければ、少々発音が悪くても、音が違っていても通じるのです。逆にリズム、イントネーションが悪ければ、いくら発音が良くても通じません。

私は何度もこの目で見てきました。一生懸命バーテンにマティーニを注文する日本人。でも通じません。バーテンは「こいつ、何を言ってるんだろう???」

横で見ていた私は本当に不思議でした。確かに、アクセントやイントネーションは違うかもしれないけど、発音はそうひどいもんじゃないし、マティーニなら似たようなドリンクもなさそうだし、分らないかなあ・・・とあきれていました。

どうしようも無い日本人、途方にくれるバーテンダー。私が助け舟でマティーニって言ってるんだとアクセントを正しく伝えると、バーテンは「おお」と言って理解を示しました。

私はこのとき程、アメリカ人の勘の悪さというと表現が良くないかもしれませんが、英語のリズムとイントネーションの大事さを痛感したことはありません。

それからも、何回か似たような経験をし、ますます英語のリズムを大事に心がけております。

一般的な日本人は日本語があまりにも、平坦に近いので、抑揚のある外国語が苦手なのかも知れません。また、棒読み英語をしゃべられて、聞き取れない外人には頭の悪そうなのが多いです。バリバリとビジネスの第一線で頑張っている外人は、日本人の英語でも聞き取ろうと努力もしているし、勘もいいのでよく聞き取ってもらえます。

PS. 時々会話学校なんか行くと、気色悪いババアが変な抑揚つけて英語話してるでしょ。え?みたことないって?ま、そのうち、どこかで出会いますよ、きっと。英語をずっと勉強していくか、または、海外にでも行けばね。ああいう、はたから見たらキモそうに見える表現方法も外人の表現に少しでも近づこうと、本人が意識してかしないでか分りませんが、自然とそうなるんですね。ただね・・・

『ババア、調子にのるんじゃねえ!きしょくわるいぞ!』




*************************************
*************************************
*************************************

     英会話マスター        英会話マスター       英会話マスター   

*************************************
*************************************
*************************************
 
 
 
 

posted by ごん at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語勉強法 その四
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55734321

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。