英会話マスター 『食事のこと』



*************************************
*************************************
*************************************

     英会話マスター        英会話マスター       英会話マスター   

*************************************
*************************************
*************************************
 
 
 
 

ちょっと、堅いお話はおいといて実地で非常に役に立つと思われる(^^;)表現を一つご紹介しましょう。

日本で食事の前によく言う「いただきます。」の挨拶、英語にはそういう表現が無いんですよね。私もNew Yorkで外人などを交え、日本人グループと一緒に食事する時には困りました。日本人は皆「いただきまーす。」って言うじゃないですか。「え、いま何て言ったの?」って外人に聞かれていちいち説明しないといけないんですよ。

そこである時、外人がいい事を言っているのを聞いて、「あ、これ使える!」って思いましたね。それはねええ・・・・・

フランス語なんですけど、、、、え、反則???だって。ほっほっほ、でも、英語はフランス語、イタリア語、スペイン語、都合よく何でも取り入れますから、平気平気。ランデブーやデジャブーなんかもそうじゃないですか。えー、そうそう、「いただきます」ね。

Bon apetite! ボナペティー(ト)

直訳はGood appetiteつまりEnjoy your meal!って意味らしいです。
うーん、いただきますにもぴったりはまります。

この言葉に出会うまでは、Star Trekの Engage!ってあるじゃないですか。(^^;)え、知らないって。ほほ、カーク船長や歴代のキャプテンがEnterprise号をワープ航行させる時に出す命令なんですよ。
訳すなら、「発進!」とかいう感じですかね。まあ、かっこいいし、いいんじゃないかと思ってました。実際にいただきますの現場では残念ながら使ったことはなかったですけど。

後、ちょっとお行儀が悪いですが、”Dig in !"という言い方もあるようで、お上品な「いただきます」とはかなりニュアンスが違ってきて、「さあ、つつけ!やっつけろ!」という意味が強くなってしまいます。

やはり、Bon apetite! これですよ、これ!




*************************************
*************************************
*************************************

     英会話マスター        英会話マスター       英会話マスター   

*************************************
*************************************
*************************************
 
 
 
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55784619

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。